副作用のリスクを下げるためにプロペシアは医師に相談してから

男性

AGAが治る薬

男性の頭

世界初のAGA治療薬

「AGA」とは男性型脱毛症の英語の頭文字をとって略した名称です。AGAは主に男性が発症しやすい薄毛のことです。薄毛の中年男性の9割近くは、AGAに当てはまると言われています。昔はAGAを発症すると諦める人が大半を占めました。しかし、今は頭皮医学が進んで治せる病気になっています。世界初の画期的なAGA治療薬が「プロペシア」です。プロペシアは一日一錠服用する経口薬で、内側から薄毛の原因となっているホルモン作用を抑える効果があります。プロペシアはAGA治療をしているクリニックならどこでも手に入ります。ただし、人によっては副作用の危険性があるので、たとえAGAであっても処方してもらえない場合もあります。

男性ホルモンを抑止する

AGAになる原因の一つに男性ホルモンがあります。男性ホルモンが毛根の細胞にダメージを与え、ヘアサイクルを乱すのがAGAの大きな原因です。プロペシアには男性ホルモンの活性化を防ぎ、AGAを予防する効果があります。男性ホルモンに働きかけることから、服用すると男性の機能が減退したり、疲れやすくなったりする副作用が出ることがあります。また、副作用として多毛症を発症する人もいます。多毛症とは全身の体毛が濃くなってしまう病気です。しかし、副作用が出る人はごくわずかで、出たとしても服用をやめると元に戻ります。個人輸入代行でも購入できますが、クリニックで医師に処方してもらうことで、安全に服用することができます。