副作用のリスクを下げるためにプロペシアは医師に相談してから

男性

薬への誤解を解く

薄毛の男性

目立たない症状もある

プロペシアは男性ホルモンに対する薬であるため、男性機能に対する影響が懸念されています。実際に、プロペシアに対する副作用に関して勃起不全の副作用を懸念している人は非常に多いです。しかし、こうした一般的な副作用に関する認識は間違いです。プロペシアを服用することによって生じる勃起不全の副作用の確率は実は1%も存在しません。そのため、プロペシアを服用し続けたとしても男性機能の不全が生じることはほとんどないと言って間違いないのです。もちろん、男性機能に対する副作用だけではなく他の部位に対して副作用が生じることもあります。その点に関しては個別に対応していかなくてはならないので注意をしておく必要があります。

不安があれば相談する

プロペシアを使い続けて少しでも身体上の不安が生じた時にはすぐに薬の服用をやめなくてはいけません。一般的に、プロペシアに関して生じる大きな副作用については肝機能障害が考えられます。プロペシアを服用したことに関して生じる肝機能障害の割合は、だいたい患者の数から考えて1万分の1程度であることがわかっています。数は非常に少ないのですが、この報告は海外でもされていますので少しでも身体に違和感があったときには服用をやめて医師に相談することが大切です。また、薬の作用によって過敏症になることもあります。過敏症に関しては肝機能障害よりも少しだけ発症する割合が高いので、こちらに関しても症状が現れた時には無理をしないことです。