副作用のリスクを下げるためにプロペシアは医師に相談してから

男性

負担のない使い方をする

笑顔の男の人

男性型脱毛症だけに使う

プロペシアは、一般のドラッグストアやネットの販売が許可されている製品ではありません。病院に行って正しい説明を受けて処方してもらうものなので、医薬品の一種として認識しておく必要があります。男性に対する男性型脱毛症という症状を治療するために作られた薬なので、円形脱毛症などの他の薄毛の症状に対して使うことができないことを知っておく必要があります。また、副作用に関してもいくつか報告されていますので特に女性の人はプロペシアに触れることすらしてはいけません。プロペシアは非常に効力が高い薬なので、妊婦や妊娠している可能性のある女性が触れると、胎児の正常な発育を阻害する副作用が生じることがあります。女性に対する副作用が強いというのは忘れがちな特徴なので注意が必要です。

連続投与が基本になる

男性に対する服用に関しては、服用し続けることよりもやめた時の副作用のほうが大きいので途中でやめないように気をつけなくてはいけません。基本的に、プロペシアは三ヶ月程度の連続投与で効果を発揮させることができると考えられているものなのですが、一般的に広く効果を認識することができるのは六ヶ月以上であるというデータもあります。個人によって状況が異なるので、三ヶ月程度で効果が出なくても半年は我慢して使い続けることが重要です。また、他の重い病気の検査をするときには必ずプロペシアを使っていることを医師に申告する必要があります。特に、前立腺がんの検診を受けるときには測定される数値に大きな違いが出るので、報告しておかないと正しい検査ができなくなります。