副作用のリスクを下げるためにプロペシアは医師に相談してから

男女

負担のない使い方をする

笑顔の男の人

プロペシアは、男性型脱毛症を発症させている男性だけが利用できる薬です。女性が利用すると重大な副作用が出ますので、触れることすら避けたほうが賢明です。また、連続投与をすることによって初めて効果が出る薬なので、根気強く薬を使い続ける必要があります。

詳しく見る

薬への誤解を解く

薄毛の男性

プロペシアに関する副作用には誤解が多いです。副作用として現れる症状は非常に少なく、それが出たとしても数万人に1人の割合です。異常が少しでも出た場合には薬を処方してくれた病院に行って対処法を聞くことが大切です。

詳しく見る

AGAが治る薬

男性の頭

プロペシアはAGAの進行を止めることができる、世界初のAGA治療薬です。プロペシアにはAGAの原因のひとつである、男性ホルモンの分泌を抑える効能があります。しかし、稀に男性機能低下などの副作用が出ることがあります。

詳しく見る

AGAの治療薬

男の人

飲む育毛剤

男性の多くが発症する「男性型脱毛症」の治療に用いられているのが、「プロペシア」です。プロペシアは男性型脱毛症の原因である男性ホルモンの分泌を抑止する効能がある飲み薬です。「飲む育毛剤」とも言われていて、脱毛の進行を止めることができます。プロペシアはアメリカで前立腺治療の薬として開発された「フィナステリド」が元となっています。フィナステリドを飲んだ前立腺患者の薄毛が改善されたことが、プロペシア誕生のきっかけとなっています。世界60か国以上で安全な薬と認められていて、日本でも厚生労働省によって認可されています。しかし、副作用の心配もあるため、医療機関でカウンセリングや検査を受けてから服用することが大切です。

AGAの進行を止める

男性型脱毛症は別名「AGA」ともいいます。日本人の場合、20代後半から発症し、何も手を打たないでいると40代に入ると顕著になっていきます。AGAは進行性の脱毛症なので、何もしないと症状がひどくなるだけです。プロペシアを服用するとAGAの進行を止めることができます。プロペシアはネットでも購入できますが、副作用のことを考えると医療機関で処方してもらったほうが安全です。性力の減退や男性機能の衰えなど、主に男性ホルモンに関係した副作用が報告されています。医療機関を受診すれば、プロペシアを服用しても大丈夫な体かどうか事前検査があります。頭皮専門医が判断してくれるので、副作用のリスクを減らすことができます。